08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2010年9月20日(月)17:29

十五夜

 竹の中から生まれたかぐや姫は広く知られている。竹取翁に育てられたかぐや姫は、貴族やみかどに求婚されるが断り続け、8月日満月の夜、月の世界に帰る。千年余前のロマンに満ちた物語だ


▼ 宮古では「アカリヤニザ」の伝説を伝える。月と天の神は、人間に常世の命をつながせようとアカリヤニザを下界に使わした。一つの桶には永久の命をつなぐ「スディ水」が、もう一つの桶には死んで再生できない「スニ水」を入れてある。長い道程なのでアカリヤニザは休憩し放尿した


▼ その間に蛇がスディ水を浴びてしまった。驚き悩んだアカリヤニザは人間にスニ水を浴びせた。天上にもどり事の子細(しさい)を報告。怒りの天帝はアカリヤニザに桶を担がせたまま月の世界に立たせた


▼ アカリヤニザは人間に蘇生の道を得させるため、毎年節(シツ)の夜にスディ水をくんで下界にまき散らす。それで節の夜は小雨が降るといわれる。節の夜は産井の水を浴びると若返るといわれる。これを「若水」という


▼ 『宮古史伝』の著者慶世村恒任はこの伝説をロシアの学者ネフスキーに語る。ネフスキーは「月と不死」を著し世間に紹介した。子どものころ、月ではうさぎが杵をついているんだと言われ、そのように見えたものだ


▼ 満月の夜は庭で食事をしたという体験者もいる。ユートピア的な風景だ。今や人間が月を往来、滞在する時代だ。それでも中秋の名月はロマンを感じさせる。明後日は十五夜だ。読者はあの名月に何を思い、何を感ずるのだろうか。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!