08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化 社会・全般
2010年9月29日(水)9:00

島の生活「とても楽しみ」/大阪の高校生274人来島

修学旅行で農家民泊/ぐすくべさるかの会


受け入れ農家と対面し「とても楽しみ」と感想を話した茨木西高校の生徒たち=28日、城辺農村環境改善センター前

受け入れ農家と対面し「とても楽しみ」と感想を話した茨木西高校の生徒たち=28日、城辺農村環境改善センター前

 大阪府立茨木西高校の生徒274人が28日午後、修学旅行のため来島した。同日はぐすくべグリーンツーリズムさるかの会の農家宅に民泊し、都会とは違う宮古島の農業や生活習慣を体感する。生徒たちは「この日を楽しみにしていた」と元気いっぱいの笑顔を見せながら来島。民泊先ではファームファミリーとの触れ合いを楽しんだ。さるかの会が今年度受け入れる修学旅行の学校と生徒数は24校6700人に上る。来年2月にかけて続々と来島する。


 茨木西高校の生徒は5年前にも修学旅行で来島しているが、当時はホテルに宿泊したため農家宅での民泊は今回が初めて。
 同校2年生の生徒は午後4時ごろに入島式が行われる城辺農村環境改善センター前に到着し、民泊先の農家から歓迎を受けた。


 さるかの会代表社員の野崎達男さんは「島の食事や農業、三線などいろいろな体験をしてもらいます。民泊を通して、宮古島の農家の皆さんといろいろな話をしてください。われわれも皆さんに宮古島の良さをたくさん紹介したい」と話した。
 生徒を代表して吉本拓斗君が「私たちはこの日をとても楽しみにしていました。ご迷惑をかけると思いますが2日間、どうぞよろしくお願いします」と受け入れ農家に感謝を込めて話した。


 この後生徒たちは民泊する農家宅に移動した。夜には各民泊先で触れ合いを楽しみながら郷土料理を堪能。会話を通して宮古島の歴史や文化、生活習慣なども学んだ。
 同校2学年主任の西良樹さんは「農作業などの体験活動を通して良い思い出を作ってくれると思う。家族との触れ合いも楽しんでもらいたい」と話し、農家民泊による生徒たちの健やかな成長に期待を込めた。


 同校生徒は来月1日まで滞在。29、30の両日は市内のホテルに宿泊しながら宮古島観光などを楽しむ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!