08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
環境・エコ 社会・全般
2010年10月5日(火)9:00

「サシバは島の宝」/伊良部小、中学校

「渡り」控え学習会

岡徹さんの話に耳を傾ける児童たち=3日、伊良部小体育館

岡徹さんの話に耳を傾ける児童たち=3日、伊良部小体育館

 寒露の時季に訪れる秋の使者・サシバの本格的な渡りを控え、伊良部小学校、同中学校で3日、サシバに関する学習会があった。伊良部高校教頭で宮古野鳥の会会長の岡徹さんを講師に招き、児童生徒が伊良部島の自然やサシバの渡りに関する知識を深めた。中学生は伊良部島内で車両パレードを実施。多くの市民に国際保護鳥に指定されているサシバの保護を訴えた。


 岡さんは、各校で伊良部島の優れた自然環境を強調した。野鳥をはじめイタチやキリギリス、コウモリ、ツバメなど多種多様な生物を紹介し「皆さんが住むこの島はサンゴ礁でできており、その自然環境は素晴らしい」と多くの生物が共存する島の自然環境を誇るよう呼び掛けた。


 サシバの個体を見分ける方法として▽腹の模様が縦なら幼鳥▽腹の模様が横なら成長―と紹介。秋には北から南に移動し、春には南から北に北上する生態なども説明した。


 小学校児童会長の池間円花さんは「今まで知らなかった伊良部島の自然やサシバを知ることができた。もっと知りたくなった」と感謝を込めて話した。


 中学生は岡さんの話を聞いた後に▽島の宝であるサシバの保護を広く地域に発信する▽サシバが安心して休息できる伊良部島の環境保護と継承に努める▽常に今できることは何かを考えることのできる生徒になるよう努める―と誓った。


 保護集会の後にパレードを開始。出発式で生徒会長の渡久山翔悟君が「島全体をパレードし、広報マイクを通してサシバの保護を訴えたい。岡先生から学んだことも同時に伝えていこう」と全校生徒に呼び掛けた。


 パレードが始まると複数の車両に便乗した生徒たちが広報マイクを握って「サシバは伊良部島の宝」などとサシバと自然環境の保護を力強く訴えた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!