08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
環境・エコ 社会・全般
2010年10月9日(土)9:00

「国際保護鳥サシバ守れ」/伊良部

合同パトロールで密猟撲滅訴え

車両パレードでサシバ保護・密猟撲滅を訴えた=8日、伊良部

車両パレードでサシバ保護・密猟撲滅を訴えた=8日、伊良部

 環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている国際保護鳥、サシバ(タカ科)を保護しようと、伊良部中・高校の生徒や市、県、宮古島署などの関係者らが8日、伊良部でサシバ保護合同パトロール(主催・伊良部地域づくり協議会)を実施した。主要道路で車両パレードを行い、サシバが休息する環境保全と密猟撲滅を強く訴えた。生徒参加は3年連続で、大きな効果を上げているとされる。


 サシバ保護月間(10月1~31日)の一環で実施。3年前まではサシバ密猟防止合同パトロールの名称で行われていた。2年前からサシバ密猟が無いとして、サシバ保護合同パトロールに改称された。

 出発式で主催者を代表して比嘉臣雄会長が「伊良部小中のサシバ保護活動が、地域住民の意識を変え保護へと動かした。サシバ密猟は、絶対許さない」と決意を新たにした。
 宮古野鳥の会の岡徹前会長は「これまでの伊良部中のサシバ保護活動の実績は大きい。今年は、伊良部小がサシバ保護について集会を開いた」と高く評価した。


 次いで伊良部高校の宮國愛子さん、伊良部中の渡久山翔悟君、下地ひかるさんの3人が、「国際保護鳥のサシバを守ろう」と決意表明した。
 サシバを密猟した場合、鳥獣保護法違反で1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金に処せられる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!