12/08
2022
Thu
旧暦:11月15日 先勝 乙 
教育・文化 社会・全般
2010年10月24日(日)9:00

表現できるもの見つけて

加藤さん南小で講演/元パラリンピック金メダリスト

加藤さんの話を熱心に聞く児童たち=22日、南小学校体育館

加藤さんの話を熱心に聞く児童たち=22日、南小学校体育館

 南小学校PTA文化広報部主催の教育講演会が22日、同校体育館で開かれた。長野県出身で、現在は宮古在住の元パラリンピック金メダリスト・加藤正さんが講師を務め、「挑戦」をテーマに、これまでの自身の活動を紹介するとともに、「自分を表現できるものを見つけること」の大切さなどを語った。


 小学2年生の時に骨肉腫により左足を失った加藤さん。中学生の時に水泳を始め、健常者と同じ大会に出場できたことから自信を持てるようになり、以後さまざまなスポーツにチャレンジしてきたという。パラリンピックは1988年のソウル大会には水泳で出場。94年のリレハンメル大会からはスケートの刃を付けた専用の「そり」に乗り、ホッケーやスピードレースを行うアイススレッジで4大会連続で出場。98年の長野大会ではスピードレースの500㍍と1500㍍で金メダル、1000㍍で銅メダルを獲得した。

 「リレハンメルでは散々な結果だったが、メダルを目標に、4年間、目いっぱい練習して迎えた長野では金メダルを取ることができた」と振り返る加藤さん。「私はスポーツを使って自分を表現できるようになった。みんなも自分を表現できる何かを見つけてほしい」と呼び掛けた。

 講演終了後、6年生の宮国龍之介君が「今回の話はこれから生きていく上で大切な財産になると思う。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!