08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2010年10月31日(日)22:50

2010年10月24日~10月30日

ニュースウイクリー
10月24日~30日

一般の部展示部門が開幕/市民の力作一堂に
 第5回宮古島市民総合文化祭・秋季(主催・宮古島市、市教育委員会、市文化協会)一般の部が23日、市中央公民館で開幕した。午前9時から開会式が開かれ、長濱政治副市長、川上哲也教育長らがテープカットを行い幕開けを祝った。会場には市民の約300点の力作が展示され、来場者は一つ一つの作品に見入り、芸術の秋を満喫していた。(10月24日掲載)

集落の加入率にばらつき/農漁業排水事業
 市農林水産部村づくり課のまとめによると、農漁業集落排水事業は、集落によって加入率に大きな差が出ている。最も高い地域は下地川満の96・0%、最も低いのが池間島の19・5%。行政は低い地域について「地下水や海の保全、生活環境を良くするためにも積極的な加入を」と呼び掛けるが、住民の中には費用負担などを拒む理由に挙げる人が多い。(10月26日掲載)

それぞれのペースで完走/タートルマラソン
 「おそいあなたが主役です」をテーマした第34回東平安名崎タートルマラソン大会(主催・同実行委員会)が24日、北海岸の一周道路を通り東平安名崎をゴールに行われた。最長22・8㌔から、家族で参加できる2㌔などの4部門に計1030人が参加。それぞれのペースでさわやかな汗を流した。完走者は952人で完走率は92・42%だった。(10月25日掲載)

11億8800万円以上で売却へ/マリンターミナル社
 宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦市長)は25日、那覇市内のホテルで臨時取締役会を開き、同社所有のホテル棟売却処分実施要項を全会一致で可決し公表した。同物件の最低価格は土地建物一括売却で11億8800万円(土地・9270万円、建物・10億9530万円)などとなっている。(10月26日掲載)

10年度市補助対象は36件/住宅用太陽光発電
 市企画政策部エコアイランド推進課のまとめによると、2010年度の住宅用太陽光発電システム設置補助事業の対象は36件となった。大金修一エコアイランド推進課長は募集に殺到したことなどから「市民の関心は高い」と分析。市は来年度も推進していく考えだ。(10月27日掲載)

初の翻刻現代語訳発刊/「与世山親方宮古島規模帳」
 市教育委員会はこのほど、宮古島市史資料3「与世山親方宮古島規模帳」・付録「近世用語」(解釈・下地和宏宮古島市史編さん委員会副委員長)を発行した。同規模帳は、1767年に首里王府が宮古島の在番・蔵元(政庁)に布達した一種の法令。祭事などの制限・禁止・倹約などが244条で構成され、村々の節目祝いの「節増(しつます)」、各宮・御嶽での「夜籠もり」などを禁止した。翻刻・現代語訳で一冊にまとめられたのは今回が初めて。(10月28日掲載)

投開票まで1カ月3氏が出馬を予定/県知事選
  11月11日告示、同月28日投開票の沖縄県知事選挙はきょう28日、決戦まで1カ月と差し迫った。27日現在、出馬の名乗りを上げているのは現職で2期目を目指す仲井真弘多(71)、前宜野湾市長の伊波洋一(58)、幸福実現党県支部役員の金城竜郎(46)の3氏。(10月26日掲載)

空と海の便に乱れ/台風14号接近
 台風14号の影響で28日の宮古島地方は、空や海の便に乱れが出た。日本トランスオーシャン航空(JTA)の那覇―宮古は11便が欠航し、915人に影響した。琉球エアーコミューター(RAC)の宮古―多良間は2便、宮古―石垣が4便欠航。全日本空輸(ANA)の那覇―宮古が8便欠航した。離島航路は平良―佐良浜、平良―多良間、島尻―大神間で全便欠航した。(10月29日掲載)

伊志嶺、宮国指名受ける/ドラフト会議
 2010年プロ野球新人選手選択(ドラフト)会議が28日、東京都内のホテルで行われた。宮古島市出身で外野手の伊志嶺翔大=東海大4年=はロッテに1位指名された。伊志嶺は「うれしい。きょうからが勝負だという気持ち」と話し、プロ野球人生をスタートさせる決意を示した。両親が同市出身で投手の宮國椋丞(りょうすけ)=糸満高3年=は巨人が2位で指名した。
(10月29日掲載)

両製糖工場に年内操業を要請/市長や生産組合
 宮古地区農業振興会長の下地敏彦市長らは29日、沖縄製糖と宮古製糖にサトウキビの早期・年内操業を要請した。両社とも「検討し前向きに取り組みたい」と述べたものの、春植えや株出し体系の着実な整備が必要だとし、時期尚早との意見を示唆した。具体的な時期についても明言を避けた。(10月30日掲載)

平良さん全国最高賞/伝統的工芸作文コン
 第27回伝統的工芸月間作文コンクールの全国賞入賞者がこのほど発表され、平良彩華さん(砂川中2年)の「未来への宝物」が、最高賞の経済産業大臣賞に輝いた。砂川佳那依さん(城辺中2年)が3位にあたる同月間推進会議議長賞に、平安山梨紗さん(同)が沖縄総合事務局長賞を受賞するなど宮古勢が活躍。(10月30日掲載)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!