08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2010年11月2日(火)9:00

心の病に正しい理解を/精神保健福祉普及月間

平良庁舎で作品展

テープカットを行う(左から)来間課長、安谷屋院長、松川委員長、真喜屋院長、平良会長、当事者の会「でいごの会」の盛島昭人代表=1日、市役所平良庁舎1階ロビー

テープカットを行う(左から)来間課長、安谷屋院長、松川委員長、真喜屋院長、平良会長、当事者の会「でいごの会」の盛島昭人代表=1日、市役所平良庁舎1階ロビー

 2010年度宮古地区精神保健福祉普及月間作品展が1日から市役所平良庁舎1階ロビーでスタートした。同日午後1時からオープニングセレモニーが行われ、同月間実行委員会の松川英文委員長や市障がい福祉課の来間弘子課長、当事者家族会「みどりの会」の平良清栄会長らがテープカットを行った。


 心の病への正しい理解を深めることを目的とした月間で、宮古地区では「築こうよ僕らの未来 咲かそうよ心に花を」をスローガンとしている。作品展は5日正午までで、市内の病院や福祉施設計7施設の利用者が制作した手工芸や絵画、木工陶芸品など約140点が展示されている。

 セレモニーでは松川委員長が「多くの市民に来場いただき当事者の日ごろの活動に触れてもらい、精神障害の正しい理解の広がりにつながることを願っている」とあいさつ。来間課長は「創作した作品を発表する場を設けることで創作活動を支援し創作意欲を向上させる。当事者の日ごろの活動に接して下さい」と呼び掛けた。

 宮古病院の安谷屋正明院長と真喜屋精神・神経医院の真喜屋浩院長による激励のあいさつに続き、「みどりの会」の平良会長が、病に対する偏見などからつらい思いをしている家族がいる実情を訴え、「地域住民は精神障害に対し正しい理解を深め、生まれた以上は同じ平等な人間として肩を並べて地域でともに生活できるようになってほしい」との思いを語った。

 同月間関連行事として今月23日午前11時から同3時には、市中央公民館大ホールで「こころの健康フェスタ」を開催。舞台発表や講演会、展示即売、パネル展などが行われる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!