08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
環境・エコ 社会・全般
2010年11月12日(金)9:00

「エコ活動」実践します!/コーラル社

売り上げの1部で社会貢献

「35エコプロジェクト」をスタートさせるコーラル社や関係団体の皆さん=11日、下地川満

「35エコプロジェクト」をスタートさせるコーラル社や関係団体の皆さん=11日、下地川満

 コーラル・ベジタブル社が15日から「変わる!!コーラル 35エコプロジェクト」を実践する。アロエベラ商品の売り上げの一部を地域に還元して社会貢献活動に取り組む。エコプロジェクトのキーワードは「原点回帰」。


 環境保全活動に取り組む団体に対して活動資金を助成し、「きれいで親しめる緑豊かな水辺」を保全する。プロジェクト名に盛り込んだ「35」はサンゴとの語呂合わせ。この数字にちなみアロエベラ商品売上金の0・35%を協力金として関係団体に贈呈する。初回は下地川満のマングローブ保全で活用、豊かな自然を告知する看板の設置を目指す。

 プロジェクトには宮古島市をはじめ、川満自治会、川満団地自治会、宮古島環境クラブが賛同しており、地域連携型の活動で取り組みを強化する。清掃活動なども合同で実施していく予定だ。

 コーラル社総務部長の米田隆己さんは「素晴らしい環境を守るための活動。川満のマングローブは自然学習ができる大切な場所なので看板を設置して保全していきたい。清掃活動にも取り組む」などと話し、協力団体と連携して環境保全活動に励む決意を示した。

 親子食育活動で地域の食材を見直すイベントも企画。来月12日に開催する予定で、アロエジャムづくりの体験の場を提供し、親子の共同活動を支援する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!