08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
産業・経済 社会・全般
2010年12月2日(木)9:00

黒糖の香りで研究成果/キビ利用加工研究会

周年生産の可能性も


島内外からサトウキビの研究者や関係者らが出席した研究会=1日、県宮古合同庁舎

島内外からサトウキビの研究者や関係者らが出席した研究会=1日、県宮古合同庁舎

 九州、沖縄の農業研究センターの研究員や琉大の教授らで構成するサトウキビ利用加工研究会が1日、県宮古合同庁舎で開かれた。宮古島開催は、初めて。同会では、黒糖の強い香りをいかに消費者に届けるかや、周年生産、キビの輪作としてのソバの可能性などについて研究成果を発表した。


 県農業研究センター宮古島支所の前田剛希さんは、黒糖を周年生産すると、香りと味の良い黒糖が出荷できるとし、新鮮さで勝負する必要性を強調。生産できる時期の目安については、9月~6月ごろを示した。

 同センターの広瀬直人さんは、県内3カ所の工場で香りを逃がさない装置を使い、強い香りの黒糖を生産している事例を紹介。

 九州沖縄農業研究センターの氏原邦博さんは、県内7島の黒糖の味を食味センサーで調べ、味と成分に関係があることを突き止めた。酸味は乳酸、苦みはマグネシウムやカルシウムが影響している分析結果を発表。味の好みは人それぞれ、香りが重視される料理にも使い分けが必要とし、特性のある多種類の黒糖開発に期待した。

 研究会の事務局も務める氏原さんは「外国産との差別化のためにも、付加価値の高い黒糖生産は欠かせない」と話した。

 ソバについては、サトウキビとの輪作で、春ソバとして出荷できる可能性が示された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!