05/28
2024
Tue
旧暦:4月21日 赤口 壬 
社会・全般
2011年1月5日(水)9:00

囲碁愛好者と指導碁/楊嘉源・かおりさん一家

家族そろって里帰り


家族そろって里帰りした楊嘉源・かおりさん一家。後が楊さん(左)とかおりさん、前列左から奇峰君(小学5年)、文佳さん(小学2年)、玲佳さん(中学1年)=3日、こすみ囲碁教室

家族そろって里帰りした楊嘉源・かおりさん一家。後が楊さん(左)とかおりさん、前列左から奇峰君(小学5年)、文佳さん(小学2年)、玲佳さん(中学1年)=3日、こすみ囲碁教室

 囲碁棋士の楊嘉源・かおりさん夫妻が2日、3人の子どもと一緒に里帰りし、正月を宮古の囲碁愛好者と過ごした。家族そろっての里帰りは、6年ぶり。3日の新春囲碁大会(こすみ囲碁教室主催)では、指導碁を打ちプロの技を伝授。子どもたちも同大会に参加し花を添えた。


 指導碁は五、六段クラスに3~4子を置かせての2面打ち。対局者や観戦者たちは、プロの鋭い手筋や深いヨミ筋、柔軟な石運びに感心しきりだった。

 かおりさんは「古里に帰ると、心が和む。囲碁を楽しむ顔なじみ皆さんと会えてうれしい」と感想。新年に向けては、日本代表で臨む「正官庄杯世界女子囲碁最強戦」(今月スタート)に懸ける決意を見せた。

 楊さんは「今年の第1局となる王座戦を頑張りたい」と抱負を語った。
 指導碁の後、楊さん夫妻を囲んだ新年会が開かれ、あいさつした各氏は2人の今年の活躍を祈念した。

 かおりさんは93年入段、現在四段。女流本因坊戦で4期、女流棋聖戦で5期タイトルを獲得した。6年3カ月(2288日)に及ぶ、女流史上最長のタイトル保持記録を持つ。

 楊さんは85年入段、2000年九段。本因坊、名人戦、棋聖戦リーグ入り、第27回新鋭トーナメント優勝(97年)、第12期NEC俊英トーナメント優勝などの戦歴がある。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!