08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年2月7日(月)9:00

カワズザクラ150本植樹/伊良部新緑会

新会長に平良忍さん選出


記念植樹する下地市議会議長(左から2人目)ら=6日、東地区構造改善センター

記念植樹する下地市議会議長(左から2人目)ら=6日、東地区構造改善センター

 伊良部新緑会主催の第3回植樹まつりが6日、伊良部南区の5カ所で行われた。地域住民ら約50人が参加し、カワズザクラの幼木150本を植樹した。前日に会の定期総会が開かれ、任期満了に伴う役員改選で、伊良部仲地出身で宜野湾市に住む平良忍さん(56)を新会長に選出した。任期は3年。平良会長は「伊良部大橋が開通した時は、満開のサクラで訪れる人々を迎えたい」と渡り初めを見据えて語った。


 まつりは、1948(昭和23年)生まれで伊良部中学校16期卒の同期会が2008年、塩田運動場に還暦記念植樹を行ったのがきっかけ。


 運動場は、かつての塩田跡地を造成した土地。現在は、伊良部・仲地の両地区が七夕運動会を実施している。


 カワズザクラの幼木は、市が提供したもの。本土での開花期は3月上旬からとされ、花は一重咲きの紅紫色。


 この日植樹した場所は同運動場のほかに、新生団地、東地区構造改善センター、平成の森公園、伊良部サシバリンクス。


 記念植樹した下地明市議会議長は「伊良部が花いっぱいに包まれると、伊良部大橋開通後に島外から訪れる人々は、花に魅せられて満足する。今後とも協力したい」と感想を述べた。


 平良会長は「伊良部は自然豊かな島・癒やしの島。大橋開通に向け沖縄伊良部郷友会にも呼び掛けて植樹を展開して行きたい」と決意を新たにした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!