08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済 社会・全般
2011年2月13日(日)9:00

「うるま」の人気復活/たばこ値上げに伴い

宮古で販売好調


値上げに伴い人気が急上昇している「うるま」=12日、市内のコンビニエンスストア

値上げに伴い人気が急上昇している「うるま」=12日、市内のコンビニエンスストア

 本土復帰前の主流銘柄だった紙巻たばこ「うるま」の人気が、昨年10月の値上げを機に復活した。市内の大手卸売業者によると、日本たばこ産業(JT)の銘柄の中で、販売数量は、マイルドセブンスーパーライトに次いで2位。1箱250円の手ごろな価格が、販売増に結び付いたとみている。


 同業者が今年1月に卸売りした「うるま」は1万1200箱で、昨年同月(3670箱)の約3倍に増加。一方、「スーパーライト」は1万3380箱と、昨年の1万9020箱と比べ約3割減った。しかし、販売数量は1位の座を維持した。

 コンビニエンスストアの店員によると、値上げ前の「うるま」の消費者は50代以上が主だったが、現在は20代も買うようになった。

 卸売業者は「うるま」の底堅い人気の理由に、沖縄独自銘柄のたばこを土産に買う観光客が多いことや、05年のデザイン変更も挙げた。

 「バイオレット」も昨年の3590箱と比べ、約2倍の6870箱に増えた。順位は7~8位という。

 値上げ後、マイルドセブンから「うるま」に変えた60歳の男性は「うるまは学生時代に吸っていた、なじみ深いたばこ。味も良い。マイルド(410円)は高く、生活費に響く」と話した。
 うるまは190円から250円、バイオレットは180円から240円、マイルドセブンは300円から410円にそれぞれ値上げされた。

 卸売業者は「現在の販売額は、値上げ前を上回っている。数量も、ほぼ回復した」と話した。
 復帰前まで県内の会社が行っていた県独自の銘柄たばこ生産は、復帰に伴い、JTが吸収した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!