08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
社会・全般
2011年3月14日(月)9:00

木が倒れ、車直撃/市営馬場団地

幹の周囲に切れ目?けが人なし


高さ約6㍍のホウオウボクが倒れ車を直撃した=13日、市営馬場団地

高さ約6㍍のホウオウボクが倒れ車を直撃した=13日、市営馬場団地

 市営馬場団地(平良下里)の広場で12日、高さ約6㍍、直径約20㌢の木が倒れ、近くに止めてあった軽自動車を直撃した。車は運転席側のフロントガラスが割れ、屋根の2カ所がへこんだ。深夜で、車内や周辺に人がいなかったためけが人はいない。根本から約1㍍の高さの幹の周りに人が付けたと思われる切れ目があり、そこからぽっきりと折れている。木は完全には枯れておらず、上部の枝の重さに耐えられなかったらしい。他にも同じように切れ目の入った木があり、入居者は「いつ倒れるか分からない。早めに伐採してほしい」と話している。


高さ約6㍍のホウオウボクが倒れ車を直撃した=13日、市営馬場団地

高さ約6㍍のホウオウボクが倒れ車を直撃した=13日、市営馬場団地

 この広場は、普段は入居者が駐車場として利用している。子どもたちもよく遊ぶという。
 倒れた木はホウオウボクで、団地を建設した時、旧平良市が植樹したとみられる。

 入居者によると12日午前2時ごろ、「ドン」という大きな音で目が覚めた。ベランダからのぞくと車の側に木が倒れていた。朝見ると、車のガラスが割れていたという。

 同日昼に市に連絡。担当者が確認したが、撤去は週明けの14日にすると話したという。
 入居者は「風の強い日は『ギシギシ』と音を立てていた。強風の日や台風の時は、木の近くには駐車しなかった」と話した。

 2年前に、別の入居者が伐採してほしいと市に要請したことがあるという。木の幹周りに切れ目が入っていることについては「よく分からないが、幹に切れ目を入れて木の周りの皮をはぎ、しばらく枯らせてから撤去するのではないかという話を以前に聞いたことがある」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!