11/26
2022
Sat
旧暦:11月3日 先勝 癸 
社会・全般
2011年3月27日(日)9:00

「被災者のために働く」/ゲストハウス風屋

1カ月の売上げ全額を義援金に


玄関に置かれた募金箱と鏡に映る横断幕=26日、宮古島ゲストハウス風屋

玄関に置かれた募金箱と鏡に映る横断幕=26日、宮古島ゲストハウス風屋

 市内でゲストハウス風屋を営む植田弘一・由紀さん夫妻が26日、東北地方太平洋沖地震の被災者に送る義援金の募金を始めた。この日から来月25日までの1カ月間、宿泊や飲食などの代金を宿泊客らに募金箱に入れてもらい、全額を義援金として送る。目標額は100万円。


 管理人の飛鷹勇二郎さんや友人らと話し合い「1カ月間被災者のために働こう」と決め、実行に移した。飛鷹さんは阪神淡路大震災で親族が被災した経験を持つ。

 被災地の報道を見て「何かできないか。何かやりたい」と考えていた。ボランティアで被災地に行くか、被災者に客室の一部を提供できないかなどと考えた末「宮古でできることをやろう」と決めた。

 手作りの義援金募金箱が置かれた玄関には「完全チャリティー営業中! 4月25日までの売り上げ100%被災地に募金します」と書かれた横断幕が張られている。

 植田由紀さんは「(震災で)キャンセルもあり、予約も減ったが、この1カ月間は全力で取り組みたい」と話した。

 集められた義援金は宮古島観光協会に託し、日本赤十字県支部を通して被災地に送る。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!