04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2011年4月4日(月)22:50

ダークダックス(行雲流水)

 ロシア民謡をはじめ叙情歌など幅広いジャンルの楽曲を重厚なハーモニーで歌い、多くのファンを魅了してきたダークダックスだが、マンガさん(佐々木行)の病気と、バクさん(高見澤宏)の逝去のため活動に区切りをつけることになり、先日のNHK番組「ありがとう!ダークダックス~激動の昭和・平成を歩んだ60年」の番組が最後の舞台となった


▼昭和30年代、ロシア民謡がブームになり、ダークダックスが歌い、歌声喫茶「灯」では多くの若者が歌い、励ましあった。やがて、それは歌声運動となり、全国に広がった。ここ宮古でもブームになり、私の勤めていた職場では、昼食時、木陰に集い「トロイカ」や「カチューシャ」などを歌った。宴会では全員でロシア民謡の「仕事の歌」を斉唱、幕開けにした

▼ダークダックスは美しい歌が好きなメンバーだったので、童謡や叙情歌、山の歌等をレパートリーに入れるようになる。「里の秋」、「雪山讃歌」、「あざみの歌」など、歌った楽曲は5000曲を超えるという。「北上夜曲」や「青葉城恋唄」、「花のメルヘン」を世に広げた功績も大きい

▼ロシアからは招待されて歌い、海外演奏では必ず「荒城の月」と「故郷」を歌い、国際交流を果たした

▼ゲタさん(喜早哲)は「絆こそ僕らの生涯の財産だ」と書いている。彼らは、人間的な魅力でも人を引きつけた

▼彼らのテーマ曲「銀色の道」は次のように歌いだす。「遠い遠いはるかな道は/冬の嵐が吹いてるが/谷間の春は花が咲いてる-」
水しぶきに歓声


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!