08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2011年4月24日(日)9:00

「大切な人思い鑑賞を」/映画「一粒の種」上映

砂川さんが舞台あいさつ


全員で記念撮影する砂川さんと来場者=23日、シネマパニック宮古島

全員で記念撮影する砂川さんと来場者=23日、シネマパニック宮古島

 映画「一粒の種~真太陽の島の大合唱~」を上映しているシネマパニック宮古島で23日、砂川恵理歌さんによる舞台あいさつが行われた。砂川さんは来場者に「皆さんの大切な人を思いながら、映画を楽しんでもらえるとうれしい」と呼び掛けた。上映終了後には全員で記念写真を撮影した。


 砂川さんと宮古島の一般市民336人が今年2月、マティダ市民劇場でレコーディングのため「一粒の種」を合唱する様子を収録したドキュメント映画。パートごとでの練習やレコーディング風景のほか、参加者のこの歌への思いなどが紹介されている。監督は青木亮氏。
 舞台あいさつには多数の市民が来場し、砂川さんとともに映画を鑑賞した。

 上映終了後、砂川さんは「この映画は宮古島の人たちが作ってくれた映画。人の力と声の力をいっぱい感じた。宮古島に生まれて本当に良かった」とした上で「これからもこの歌を大事にしながら、一人でも多くの人に歌を届けていきたい」と語った。

 最後は来場者全員と砂川さんで、記念写真を撮影した。

 同映画はシネマパニック宮古島で上映中。2011沖縄国際映画祭出品作品も同時上映している。問い合わせは同劇場(電話75・3215)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!