11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
社会・全般
2011年5月5日(木)9:00

宮古の子ども人口9132人/46年前の3分の1

少子化、出産人口減が要因


 宮古地区の2011年3月末現在の子ども(15歳未満)の人口は9132人で、前年同期と比べ66人(0・7%)減った。46年前(1965年)の3万212人と比べると、3分の1に減少。今後も減り続け、24年後の35年には5538人になると推測している。宮古福祉保健所(仲宗根正所長)が発表した。きょう5日は「こどもの日」


きょう「こどもの日」

子ども人口は減少の一途

子ども人口は減少の一途

 子ども人口の減少の要因には①合計特殊出生率(女性が一生の間に生む子どもの数)の低下②出産可能年齢人口の減少③晩婚、未婚女性の増加-などを挙げた。

 09年度の合計特殊出生率は全国が1・37、県平均が1・79。同出生率が2・1程度ないと、人口は維持できないという。
 宮古でも兄弟姉妹の数が2人程度と、少子化が顕著になった。

 1965年の子どもの人口を100とした場合の11年の人口を旧市町村別にみると、城辺が12・0、伊良部13・3、下地20・6、多良間21・7、上野25・5、平良が49・0。いずれの地区も、減少幅が大きい。

 1965年に3万人だった子どもの人口は、90年には半減。05年には1万人を割り、その後も徐々にではあるが、減少を続けている。

 将来の人口は05年に7000人台、15年6000人台、25年には5000人台になると予測している。

 行政は子どもを育てやすい環境を作り人口を増やすために、保育施設の増設や、延長保育、一時保育等の機能充実、産休増加促進などに力を入れているが、少子化に歯止めは掛かっていない。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!