04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
社会・全般
2011年5月9日(月)9:00

夏ばて防止にゴーヤーを/ゴーヤーの日

消費拡大キャンペーン


飛ぶように売れた特価のゴーヤー=8日、JAあたらす市場

飛ぶように売れた特価のゴーヤー=8日、JAあたらす市場

 「宮古島のヘルシー野菜ゴーヤーでパワーアップ」をテーマに「ゴーヤーの日」の8日、JAあたらす市場で、消費拡大キャンペーン(主催・同実行委員会)が行われた。関係者らが集い「ゴーヤーは、夏ばて防止に効く」などとPR。語呂合わせで1袋「58円(600㌘)」に設定した超特価のゴーヤーは、飛ぶように売れた。


 沖縄を代表する野菜ゴーヤーのキャンペーンは「裏ゴーヤーの日」の8月5日まで、県内外で展開される。

 セレモニーで岡村幸男実行委員長は、キャンペーンによって宮古島産ゴーヤーの知名度が上がり、消費も増えていくよう祈念。

 仲宗根盛和・県宮古農林水産振興センター所長は「ゴーヤーの持つ熱に強いビタミンCと苦味成分であるモモルデシンの存在は特筆すべき。モモルデシンは肝機能を高め、胃腸を刺激して食欲を増進させるといわれている」と機能性を評価。

 長濱政治副市長は、宮古島産ゴーヤーの品質は高く評価されているとした上で、一層の生産拡大に期待した。

 伊志嶺一之・JAゴーヤー生産部会長は「宮古島市がゴーヤーの拠点産地に認定されてから5年目。ブランド化に向け、品質の全体的なレベルアップに努めていきたい」と意欲を見せた。

 特価のゴーヤーは1400㌔、2300袋分を準備した。ゴーヤーが山積みされた商品台の周りは、黒山の人だかり。われ先にと買い求めていた。

 62歳の女性は「ゴーヤーはチャンプルーと天ぷらに向く」と我が家の料理を紹介。60歳代の女性は「卵とじにするとおいしい」と話した。

 この日は、東京でもJAと県の連携によるキャンペーンが行われた。首都圏における長年のキャンペーンもあり県産ゴーヤーの消費は年々拡大。宮古産ゴーヤーの生産も右肩上がりに伸び、2010年度の生産量は400㌧、販売額は1億9600万円に達した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!