04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
産業・経済 社会・全般
2011年5月9日(月)9:00

新葬祭場が完成/宮古島市斎苑

16日供用開始


16日に供用開始される宮古島市斎苑=平良東仲宗根添

16日に供用開始される宮古島市斎苑=平良東仲宗根添

 宮古島市の新しい葬祭場「宮古島市斎苑」がこのほど完成した。10日に落成式典、16日に供用開始する。事業費は約9億4000万円。市が運営する公営葬祭場は伊良部島に一つあるが、本島内では初めて。


 場所は平良字東仲宗根添。現在の民営葬祭場西側、ミヤコン(宮古コンクリート工業)北側にある市有地。

 建物は地上2階建てで、敷地面積は9600平方㍍。遺体と最後の別れをする「告別ホール」、棺が火葬炉へ入るのを見送る「炉前ホール」、火葬終了後、遺骨を骨壺に納める「収骨室」、火葬の待ち時間に利用する「待合室」(和室、洋室)-などを設けたほか、普通乗用車40台、マイクロバス1台分の駐車場も完備した。火葬炉は2基設置し、1日3体までの火葬が可能。火葬料は大人の遺体1体2万3000円。(現在ある民営の葬祭場は1体11万円)

 火葬料については「管理運営検討委員会」(委員長・長濱政治副市長)から、浦添市にある南部広域市町村圏事務組合の「いなんせ斎苑」と同額の2万5000円との提言があったが、下地敏彦市長は「大都会にある施設と同じというわけにはいかない」との考えを示し「市民負担をやわらげるために、維持管理費を工夫して2万3000円にできないか」と引き下げを求めた。市によると、県内11市の公営葬祭場としては最も安いという。

 施設使用時間は午前9時~午後5時。「休苑日」は元日と台風時など管理上、休苑が必要と認められる日。

 事業費約9億4000万円の財源内訳は、合併特例債約7億4200万円(充当率95%)、市の一般財源約1億9300万円(同5%)。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!