08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
環境・エコ 社会・全般
2011年5月18日(水)9:00

大神島を「自然水族園」へ

潮だまりを潜水調査


潮だまりを潜水して調査した廣崎さん=17日、大神島

潮だまりを潜水して調査した廣崎さん=17日、大神島

 大神島をまるごと「自然水族園」にする構想を打ち出している野生水族繁殖センター(神奈川県)の廣崎芳次代表らが17日、水族園の柱となる潮だまりに潜って調査した。廣崎さんは「水深が深くよどんでいるので、熱帯魚の生息には適さない。浅くすべき」と今後市に協力を求めていく認識を示した。


 大神島プロジェクト2011の一環。水族園の柱となるのは島と一周道路の間に挟まれた潮だまり。この潮だまりは道路の下に埋設されているマンホールを通して海水が交流。満潮時には海水が入り、干潮時には潮だまりとなる。

 構想では、本土から訪れる子どもから大人までが潮だまりで、カラフルな熱帯魚と戯れて楽しんでもらうというもの。人の流れで大神島を活性化し、全国へ発信する計画。

 この日は、プロジェクトの会員である水作(東京都)の小川創市社長、沖縄まちの駅連絡協議会の赤崎隆三郎事務局長、アクアグリーンの真榮城忠之社長、吉信産業の仲間房枝代表らが同行した。

 真榮城社長は、プロジェクトの一環として大神島住民27人に種子から育てたヤブツバキの苗木本を寄贈。また大神自治会(久貝初男会長)にヤブツバキの挿し木から育てた苗木150本を贈った。

 真榮城社長は「大神島をツバキの島にしたい」と語り、今後のヤブツバキ植樹に意欲を示した。

 参加者らは小雨が降る中、ヤブツバキ記念植樹を行い成長を願った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!