08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済 社会・全般
2011年6月8日(水)9:00

マンゴーに傷目立つ/台風2号

上野では4割の実に被害も


傷のところが黒くなったマンゴー=7日、上野

傷のところが黒くなったマンゴー=7日、上野

 台風2号が宮古島地方を直撃した5月28日から1週間以上が経過した現在、マンゴーのすれ傷や打撲被害が鮮明になった。各地のマンゴーハウスでは、傷のところが黒く変色した実が目立つ。本紙が取材した上野のハウスでは、4割以上の実に被害が出た。一方、被害をほとんど受けていないハウスもある。


 被害の程度の違いは、ハウスの構造や台風対策によるとみられる。

 上野のハウスの防風ネットの網の目の大きさは、風を比較的に通しやすい2㍉四方。横風をもろに受けた棟では2割が落下し、多くの実に傷が付いた。

 一方、風の影響の少なかった奧の棟では、ほとんどの実が被害を免れた。傷は実同士や枝との衝突、葉とのこすれなどによってできる。この棟では、衝突を緩和するクッション(フルーツキャップ)も実に取り付けていた。

 ハウスの持ち主の男性によると、少し傷付いた実は「優品」として出荷され「秀品」と比べ、1キロ当たり1000円程度安くなる。強い傷物は、加工用になりキロ単価は500~700円。ハウス面積80㌃の被害額は、400万円に上るとみている。

 男性は「5月の強い台風は、経験がなく備えが不十分だった。今回の被害を踏まえ、対策を強化したい。暴風ネットも風を通しにくい1㍉の網目に変える」と話した。

 城辺では、落下やすれ傷被害のほとんどないハウスがある。持ち主の男性によると、側面をビニールで覆い、横風を通さなくしたという。設計は、強い台風に耐えるよう、頑丈な骨組み構造にしている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!