05/27
2024
Mon
旧暦:4月19日 仏滅 庚 
産業・経済 社会・全般
2011年6月8日(水)9:00

マンゴーに傷目立つ/台風2号

上野では4割の実に被害も


傷のところが黒くなったマンゴー=7日、上野

傷のところが黒くなったマンゴー=7日、上野

 台風2号が宮古島地方を直撃した5月28日から1週間以上が経過した現在、マンゴーのすれ傷や打撲被害が鮮明になった。各地のマンゴーハウスでは、傷のところが黒く変色した実が目立つ。本紙が取材した上野のハウスでは、4割以上の実に被害が出た。一方、被害をほとんど受けていないハウスもある。


 被害の程度の違いは、ハウスの構造や台風対策によるとみられる。

 上野のハウスの防風ネットの網の目の大きさは、風を比較的に通しやすい2㍉四方。横風をもろに受けた棟では2割が落下し、多くの実に傷が付いた。

 一方、風の影響の少なかった奧の棟では、ほとんどの実が被害を免れた。傷は実同士や枝との衝突、葉とのこすれなどによってできる。この棟では、衝突を緩和するクッション(フルーツキャップ)も実に取り付けていた。

 ハウスの持ち主の男性によると、少し傷付いた実は「優品」として出荷され「秀品」と比べ、1キロ当たり1000円程度安くなる。強い傷物は、加工用になりキロ単価は500~700円。ハウス面積80㌃の被害額は、400万円に上るとみている。

 男性は「5月の強い台風は、経験がなく備えが不十分だった。今回の被害を踏まえ、対策を強化したい。暴風ネットも風を通しにくい1㍉の網目に変える」と話した。

 城辺では、落下やすれ傷被害のほとんどないハウスがある。持ち主の男性によると、側面をビニールで覆い、横風を通さなくしたという。設計は、強い台風に耐えるよう、頑丈な骨組み構造にしている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!