08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年6月16日(木)9:00

漂着漁具を植木鉢に/城辺の川満さん製作

地域住民の間で評判に


漂着した漁具の浮玉で植木鉢を作っている川満さん=15日、城辺砂川の川満さんの自宅

漂着した漁具の浮玉で植木鉢を作っている川満さん=15日、城辺砂川の川満さんの自宅

 海岸に漂着した漁具の浮玉で植木鉢を製作-。こんなユニークな発想を生かした工作で地域の評判を集めているのが城辺砂川の川満恵俊さん(71)。海岸線で浮玉を見つけて「何かに役立てられないか」と考えた末に植木鉢にするアイデアを思い付いた。色とりどりの植木鉢は川満さんの自宅に彩りを与え、安らぎの空間を演出している。


 川満さんが植木鉢の製作に取り掛かったのは今年4月から。資材は北海岸線に大量に打ち上げられる大小さまざまな浮玉で、「いくらでもある」という。資材収集作業はそのまま海岸の美化活動に直結。「少しは貢献できているかな」と照れくさそうに話した。

 集めた浮玉は磨き上げて工具で半分から切る。それを逆さまにしてボルトで接着し、花を植える部分には均一の切れ込みを入れてデザインに工夫を施す。仕上げはスプレーで塗装。使い古された浮玉はブルーやオレンジ、グリーンの植木鉢に変わっていく。

 川満さんは「昔からそうだが、物を見たら何かを作りたくなる。使っている浮玉は頑丈だから半永久的に使えるよ」と話し、自宅の庭いっぱいに並べた自慢の植木鉢を誇った。「植木鉢だけじゃなくて、郵便ポストなども作ってみたいと考えている」とも話し、物作りを楽しむ純粋な気持ちを笑顔で表現した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!