08/14
2022
Sun
旧暦:7月17日 大安 己 
社会・全般
2011年7月6日(水)9:00

グループホーム若葉が落成/障害者生活援助事業所

自立向け日常生活訓練


下地理事長(右から2人目)らによるテープカット=5日、グループホーム若葉

下地理事長(右から2人目)らによるテープカット=5日、グループホーム若葉

 NPO法人すこやかネット(下地徹理事長)が運営する「障害者共同生活援助事業所・グループホーム若葉」が平良東仲宗根(市総合体育館隣り)に落成し、式典と祝賀会が5日行われた。大勢の関係者が集い、新施設の開設を祝うとともに、障害者福祉の発展を祈念。同所には11人の障害者が入居し、日常生活訓練を行っている。


 若葉は5月に完成し、6月から利用を開始した。台所と食堂、居間の機能を兼ね備えた広々とした空間が特徴。利用者たちは世話人と一緒に食事の準備をし、食べて片付けた後はテレビを観たり、ギターを弾いたりして楽しく過ごしているという。

 総事業費は6500万円で、全額借り入れた。床面積は330平方㍍。個室12室(畳間5、洋間7)を備えた。全館LED照明は、宮古初という。

 式辞で下地理事長は「利用者の皆さんは、毎日が楽しいと笑顔で喜んでいる」と暮らしぶりを紹介した。障害者福祉については、「完全参加と平等」が基本理念と強調。その理念と障害者自立の実現のためには「バリアーを取り払うことが大切」と考えを述べた。

 下地敏彦市長(代読)は、自立した暮らしに向けて、一層の生活訓練支援が行われよう期待を込めた。

 式典では、長年にわたり障害者の福祉活動に尽くした橋本よし子さんを表彰。建設業者らに感謝状を贈呈した。

 祝賀会はジローグループの「とうがにあやぐ」で幕を開けた。多くの有志が次々と歌い踊り、盛り上げた。余興の合間には、宮古福祉保健所の仲宗根正所長ら来賓が乾杯を発声し、障害者福祉とすこやかネットの発展を祈念した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!