05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
教育・文化 社会・全般
2011年9月1日(木)9:00

当山さん「ホルベイン賞」/第46回たぶろう展

宮古から6人が入賞、入選


たぶろう展で入選、入賞した皆さん。(前列左から)安部さん、西里さん、当山さん。(後列左から)金城さん、大浜さん、橋本さん=31日、城辺福里のAQueria

たぶろう展で入選、入賞した皆さん。(前列左から)安部さん、西里さん、当山さん。(後列左から)金城さん、大浜さん、橋本さん=31日、城辺福里のAQueria

 国立新美術館で開催された第46回「たぶろう展」で、宮古から出品した当山光枝さんの作品「ヒトデの夢 You’ve got a friend」がホルベイン賞(入賞)を受賞した。安部幸子さんら5人は入選。当山さんは「入賞は信じられないけどうれしい」と話し、応募2回目での入賞を喜んだ。


 「たぶろう」とは、フランス語で絵・絵画の意。展示会は、絵・絵画を探求するたぶろう美術協会が主催しており、全国各地から応募作品が寄せられる。第46回展示会は6月8日から同20日まで開催された。
 宮古からは当山さんが入賞したほか、安部さん、大浜忠市さん、金城芳明さん、橋本仁美さん、西里恵子さんの5人が入選した。


たぶろう展で入賞した当山さんの作品

たぶろう展で入賞した当山さんの作品

 当山さんは、宮古島の海で生きるヒトデと米国のシンガーソングライターのキャロル・キングさんをM100号(縦約165㌢、横約100㌢)のキャンバスに描いた。ヒトデが見る夢の中で、キャロル・キングさんが高らかに歌っている姿をイメージした。
 半年間を要した製作では、西里さんが主宰するAQueriaで学んだ技術を生かした。爪ようじまで使用したという点描で細部の表現にこだわり、海は濃淡複数の青色で描写、空にはオオゴマダラを描いて東日本大震災の被災地へのエールを込めた。


 当山さんは「宮古の美しい海を描きたかった。描いている途中で東日本大震災があった。魂と祈り、心を込めて作品を描き上げた。1人じゃないということを伝えたかった」と話した。
 技術面で助言した西里さんは「まさに精魂を込めた作品。一心不乱で描き上げた姿が伝わってくる」と作品を高く評価した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!