08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化 社会・全般
2011年9月30日(金)9:00

子どもたちが働く意義学ぶ

各事業所でジョブシャドウイング


全員で「グッジョブ」を唱和した出発式=29日、平良第一小体育館

全員で「グッジョブ」を唱和した出発式=29日、平良第一小体育館

 子どもたちが職場で従業員に密着し、仕事内容や職場の様子を観察する「ジョブシャドウイング」が29日、市内各事業所で行われた。参加した子どもたちは、働くことの意義や楽しさなどを学び、将来の夢や進路を考えるきっかけづくりに役立てた。


 宮古島市グッジョブ連携協議会(会長・長濱政治副市長)が主催し、平良第一小6年生(99人)、鏡原小5年生(29人)、狩俣小4、5、6年生(15人)の計143人が参加した。

 今回、受け入れる事業所は45で、10月の鏡原中1年生の参加を加えると64事業所が協力する。

 子どもたちは各事業所に出向き、約2時間にわたって▽仕事とは、働くとはどういうことか▽いろいろな人や部署が連携して企業や仕事が成り立っている-など、観察を重点に仕事や職種に関する認識の幅を広げた。

 体験後は、それぞれの学校で成果発表会が予定されている。

 合同出発式が29日、平良第一小学校(与那覇止校長)で行われた。長濱副市長は「次代を担うのは君たち。しっかり勉強して、宮古島市の大きな力になってほしい」と呼び掛け。与那覇校長は「貴重な体験ができることを期待する」と励ました。

 参加者を代表して下地美寧さん、大久保かがりさん、前泊琉樹君の3人が「コミュニケーションを図りながら仕事の素晴らしさや魅力を感じ取り、自分の夢につなげていきたい」と抱負を語った。

 ジョブシャドウイングは、県が進める「みんなでグッジョブ運動」の一環。キャリア教育の一種で、県内では宮古島市ほか名護市、うるま市、豊見城市、石垣市の5地区で実施されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!