04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2011年10月5日(水)9:00

豊見親墓など史跡探索/市健康増進課

ウオーク研修で知識深める


豊見親墓前で歴史を学ぶ参加者ら=4日、平良

豊見親墓前で歴史を学ぶ参加者ら=4日、平良

 宮古島の史跡などの地域資源とウオーキングコースを活用した新たなウオーキング・ノルディックウオーキングプログラムを開発するための「史跡探索ウオーク」研修(主催・市健康増進課)が4日、市内の国指定重要有形文化財「豊見親墓(建造物)」などで行われた。健康づくり推進員10人が参加。歴史文化コースを巡り史跡の由来などについて知識を深めた。


 同文化財は、15世紀末から16世紀初期にかけて宮古の首長であった仲宗根豊見親を始祖とする忠導氏にゆかりのある墓3基。

 仲宗根豊見親の墓と同豊見親の3男を祭った知利真良豊見親の墓は、18世紀中期に建造された巨大な石造墳墓で、宮古島を代表する石造建築。

 講師は市教育委員会生涯学習振興課の新城宗史さん。参加者は新城さんの説明を受け、市作製の綾道マップで場所を再確認した。

 参加者はマイクロバスで移動し、来間大橋コースも巡った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!