08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
イベント 社会・全般
2011年10月10日(月)9:00

博愛の心 再認識/上野まつり

多彩な催しに沸く


祭りでは多彩な舞台発表が行われた。写真は野原民族芸能保存会による棒振り=9日、上野体育館

祭りでは多彩な舞台発表が行われた。写真は野原民族芸能保存会による棒振り=9日、上野体育館

 第4回博愛の里上野まつり(主催・博愛の里上野地域づくり協議会)が9日、上野体育館で行われた。子どもからお年寄りまでが参加し、運動会と舞台発表、ゲームなどを取り入れた多彩な催しに歓声を上げた。「心一つに、私たちの大事な上野」をテーマに、地域の輪と、先祖から伝わる「博愛の精神」を再認識した。


 方言ラジオ体操で幕開けしたまつりは、50㍍走やゲートボールリレー、部落対抗男女リレーのほか児童、生徒、PTAのメンバーらが踊りを披露。老人クラブや婦人会、青年会もそれぞれの特色を出した演技を繰り広げた。

 宮古そば完食早食い競争やビール早飲み競争、腕相撲大会には、地元の若者らが参加し盛り上げ。「じゃんけん大会」には、子どもからお年寄りまでが集まり、賞品をめぐり熱い戦いを繰り広げた。

 昼食時間には、1000食の牛汁とおにぎりを無料配布。家族連れなどが長蛇の列をつくった。

 じゃんけん大会に参加した高江洲忠吉さん(85歳)は「にぎやかで楽しい1日を過ごさせてもらっている。地域の団結が感じられる祭りなので、これからも続けてほしい」と笑顔だった。

 主催した地域づくり協議会の垣花義一会長は「まつりを通して、さまざまな面で一致協力ができれば。子どもからお年寄りまでが心を一つに上野地区の活性化に向けて頑張っていけば、それは宮古島全体につながっていく」と祭りの意義を強調していた。

 祭りは、美しい博愛の心を基調に地域住民参加による相互の交流、協調性豊かな活力ある博愛の里上野地域づくりを図ることを目的に開催された。

 悪天候のため、当初予定の上野陸上競技場から上野体育館に会場を変更した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!