06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
社会・全般
2011年11月8日(火)9:00

心の健康フェスタにぎわう

精神保健福祉普及月間の一環


舞台で披露される歌や踊りに拍手を送る来場者たち=6日、市中央公民館大ホール

舞台で披露される歌や踊りに拍手を送る来場者たち=6日、市中央公民館大ホール

 2011年度宮古地区こころの健康フェスタ(主催・宮古地区精神保健福祉普及月間実行委員会ほか)が6日、市中央公民館大ホールで開かれた。市内の精神障害者支援施設利用者や関係者、一般市民らが参加。園児や婦人会などが披露する歌や踊りを楽しんだ。フリーライターの山城紀子氏による講演や作品展の表彰式、各施設による物販なども行われ、会場は多くの人でにぎわった。


 今年度の宮古地区精神保健福祉普及月間は「健康こそ私の太陽、生きていることが喜びにつながる」をスローガンとして今月1日から展開されている。その一環として開催された同フェスには、施設の利用者や職員、一般市民ら多数が来場した。開会式では主催者を代表して宮古福祉保健所の仲宗根正所長が「たくさんの舞台発表が用意されているほか講演会や作品展示なども行われている。最後まで楽しんで、多くの人と交流を深めてほしい」とあいさつ。真喜屋精神・神経科医院の真喜屋浩院長、宮古島人権擁護委員協議会の神里清春会長、宮古地区婦人連合会の島尻清子会長がそれぞれ激励の言葉を述べた。

 舞台では、おおぞら保育園の園児が歌を、婦人連合会と人権擁護委員協議会のメンバーは踊りを、高校生グループはブレークダンスを披露。参加者によるカラオケ大会も行われた。

 山城氏は、「心を病む人の取材を通して見えたこと」をテーマに講話。来場者は真剣な表情で聞き入っていた。

 今月1日から4日まで市役所平良庁舎で開かれていた精神障害者作品展の審査結果の発表と表彰式も行われた。結果は次の通り。(敬称略)

 ▼手芸部門【金賞】久貝弘三(宮古病院デイナイトケア)【銀賞】垣花恵子(地域活動支援センター若葉)【銅賞】野作金永(宮古病院デイナイトケア)
 ▼書道部門【金賞】伊佐弘芳(地域活動支援センター若葉)【銀賞】盛島昭人(くこりもや)▽伊佐和貴(同)
 ▼絵画部門【金賞】橋本直子(ふれあいプラザ宮古)【銀賞】山里景春(宮古病院デイナイトケア)【銅賞】砂川真由美(地域活動支援センター若葉)
 ▼木工陶芸部門【金賞】豊見山享(地域活動支援センター若葉)【銀賞】漢那満広(同)▽仲宗根昌輝(くこりもや)
 ▼写真部門【金賞】下地一義(地域活動支援センターやすらぎ)【銀賞】根間克也(くこりもや)【銅賞】与那原文弘(同)
 ▼ポスター部門【あぱらぎ賞】粟国恵(地域活動支援センターサシバ)
 ▼標語部門【まいふか賞】前泊洋子(地域活動支援センターサシバ)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!