11/26
2022
Sat
旧暦:11月3日 先勝 癸 
社会・全般
2011年12月3日(土)9:00

島の学びや消える/大神小中学校

住民26人「寂しい」/校舎解体が本格化


解体されていく校舎=2日、大神島

解体されていく校舎=2日、大神島

 今年3月31日付で廃校となった大神小中学校の校舎解体工事が本格化した。鉄筋コンクリート造りの校舎は重機によって解体が進められている。住民26人は島から学校が消えることに寂しさを隠せない。同校卒業生で大神島で暮らす友利行雄さん(63)は「学校が消えることは寂しい」と話した。


 学校沿革史によると、1933(昭和8)年5月9日、狩俣尋常高等小学校大神分教場として設置された。その後、校名を改称しながら57(同32)年4月1日に大神小学校と独立した。設置から今年で78年。一方、大神中学校は57(同)年4月1日に狩俣中学校から分離独立し、今年で54年。2008(平成20)年4月1日から児童生徒の在籍がゼロとなり、市教育委員会は休校の措置を取っていた。

 休校から再開のめどが立っていないことから、廃校の手続きが取られた。鉄筋コンクリート造り校舎は老朽化が進んでいた。解体工事現場では、排出されたアルミ類や鉄類、コンクリート破片などは分別し、バージ(台船)で池間島に輸送。そこからトラックで宮古本島に運ばれている。解体工事期間は11年11月4日~12年2月15日まで。事業費は解体や海上輸送などを含めて約3000万円。

 校舎跡地の再利用はまだ決まっていない。友利さんは「更地になってから、市長に新施設建設を陳情したい。これから住民とゆっくり話し合い、具体的な施設を決めたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!