02/23
2024
Fri
旧暦:1月13日 先勝 丙 
社会・全般
2011年12月22日(木)9:00

「情報交換を大切に」/さるかの会講習会

農家民泊の課題を共有


さるかの会の約21人が参加して農家民泊の課題を共有した=21日、城辺農村環境改善センター

さるかの会の約21人が参加して農家民泊の課題を共有した=21日、城辺農村環境改善センター

 ぐすくべグリーンツーリズムさるかの会(仲間寛安代表社員)は21日、城辺公民館で農家民泊に関する講習会を開いた。地域づくりプロデューサーの木谷敏雄さんと、NPO地域再生研究機構の理事を務める山口保さんを講師に迎え、会員約70人が農家民泊に関する課題を共有した。木谷さんは「情報交換が大切。ほかの農家がどのように受け入れているのかを知り体感することも必要」と話した。


 さるかの会は、修学旅行の生徒を中心に農家民泊を始めて6年目になる。毎年受け入れる生徒数が増加しており、それに応じてさまざま課題も浮上しているという。今回の講習会では事前にまとめたアンケートを参加者全員で共有。その上で木谷さんや山口さんが助言を行った。

 木谷さんは、受け入れる生徒によって異なる個性や性格、受け入れスケジュールの過密に伴う気配りの過不足といった課題解決に向けて「それぞれの受け入れ状況を知ることが大切。話を聞くだけではなく、実際他の農家の家に行き、サポートをしながらどのように受け入れているのかを体感してみる。そうすることでいろいろな情報が入る」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!