04/24
2024
Wed
旧暦:3月15日 大安 丁 
社会・全般
2012年1月1日(日)9:06

ヤギのブランド化着々/「たらま農産」知念正勝社長

ピンダ島おこし事業、拡大に期待


これまでに製品化したヤギ汁、牛汁などのレトルト真空パックを手に笑顔を見せる「たらま農産」の知念正勝社長

これまでに製品化したヤギ汁、牛汁などのレトルト真空パックを手に笑顔を見せる「たらま農産」の知念正勝社長

 ヤギ汁、牛汁、牛すじみそ煮込み…。ヤギ肉、牛肉料理が大好物な人が見ると、思わず手が出そうな製品を開発した「たらま農産」の知念正勝社長(48)。2009年に完成した加工施設で試作品を繰り返し、同年本格稼働させた。沖縄在来豚「アグー」の骨汁、ウミヘビ「イラブー汁」のレトルトの真空パック製品も次々と開発した。ヤギ舎には頭のヤギを飼育。さらなる事業展開に意欲的だ。


 加工施設は村の「たらまピンダ島おこし事業」を活用した。現在出荷している製品は、ヤギ汁などの真空パック製品に加え、ヤギの生肉、刺身用肉も出荷。本土の沖縄料理店で人気が高いという。

 インターネットでの注文販売を通して口コミ客が増えたほか、「ピンダアース」を見物に訪れた島外者が、お土産に買っていくのも定着しているという。

 製品は注文に応じて作るが、1日約100パック。真空包装機や回転式蒸気釜、冷凍庫、解凍庫など最新設備で対応している。

 150頭が飼育でき、床がすのこ張りのヤギ舎も知念社長の自慢だ。中はふんが床下に落ちるように設計されており、衛生面への配慮や寄生虫感染による死亡事故防止が図られる。沖縄本島から視察に来る人も多いという。

 知念社長が期待しているのは簡易と畜場の建設だ。現在、多良間のヤギや豚は宮古本島まで運び、と畜してから送り返してもらっている。

 と畜場の建設は経費節減につながる。村は事業導入検討委を発足させ、規模や運営方法などについて検討している。

 もう一つはヤギ舎に近い旧空港跡地の再利用。村の計画では滑走路のアスファルトを除去して、採草地とヤギの放牧地として活用したい考えだ。

 「たらまピンダ島おこし事業」は、島の特産品として昔から知られるヤギのブランド化を目指す事業。知念さんは「事業が拡大できれば従業員も増やせる。観光にも結び付けられる」と話している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!