04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
社会・全般
2012年1月29日(日)9:00

天気予報など学んだよ/見学会実施

気象台の仕事目の当たりに


地上観測などの説明を受ける参加者=28日、宮古島地方気象台

地上観測などの説明を受ける参加者=28日、宮古島地方気象台

 2012年の宮古島地方気象台(小林俊彦台長)の見学会が28日、同気象台で行われ、親子連れ約50人が天気予報が発表されるまでの仕組みや、津波が起こるメカニズムなど気象台の仕事について学んだ。見学会は1994年以来ほぼ20年ぶりの開催。


 小林台長は「不思議だと思っていることを調べて知ることが科学。きょうは科学の目で見ていろいろと学んでほしい」とあいさつした。

 参加者は4班に分かれ、気象の観測や地震や津波観測、雨量や風速など地上気象観測の仕事の説明を気象台職員から受けた。

 天気予報は気象の観測とそのデータの収集をもとにスーパーコンピューターが計算した結果と実況資料で予報官が判断し、分かりやすい情報にして発表することなども学んだ。

 親子で参加した下地沙羅さん(13)=下地=は「いろいろな機械を使って最終的には人が判断することが印象的だった」と感想を述べた。

 小林台長は「気象台の仕事を知ってもらうためにこれからも年に1回ぐらいは見学会を実施したい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!