04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
社会・全般
2012年2月3日(金)9:00

念願の「団歌」完成/みやこ少年少女合唱団

作詞作曲は佐渡山力さん/4日の演奏会で披露


団歌の完成を発表する宮国団長(左)と作詞作曲の佐渡山さん(中央)=2日、市役所平良庁舎

団歌の完成を発表する宮国団長(左)と作詞作曲の佐渡山さん(中央)=2日、市役所平良庁舎

 みやこ少年少女合唱団(宮国貴子団長、団員73人)の団歌がこのほど完成し、宮国団長と団歌の作詞作曲を担当した前団長の佐渡山力さんが2日、市役所平良庁舎で完成報告会見を開いた。


 宮国団長は「待ちに待った団歌がようやく完成し、団員一同喜んでいる。市町村合併後に名称が『みやこ少年少女合唱団』となってからは団歌が無くて寂しかった。この団歌をこれから大切に歌い続けていきたい」と述べた。

 佐渡山さんは「以前から宮国団長に団歌の作詞作曲を要望されていたがようやく昨年11月に完成にこぎ着けることができた。歌う子どもたちに歌の素晴らしさ、歌うことの喜びを感じてもらえるような団歌になったと思う」と話した。

 同合唱団では4日に第34回定期演奏会をマティダ市民劇場で行う予定で、同演奏会で今回完成した団歌が初めてお披露目される。

 佐渡山さんは「実際に子どもたちがこの団歌を歌うのをまだ聞いていないので、今から定期演奏会が楽しみ」と話した。

 定期演奏会は、午後4時開演で料金は大人500円。学生は無料となっている。

 また、同演奏会では「100万回生きたねこ」の合唱ミュージカルも行われる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!