04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
社会・全般
2012年2月28日(火)9:00

待望の休息所が完成/大神島

地域挙げて祝う


大神漁港に完成した休憩所=27日、大神島

大神漁港に完成した休憩所=27日、大神島

 大神漁港に完成した休憩所の落成祝賀会(主催・大神自治会)が27日、大神島離島振興コミュニティーセンターで開かれた。下地敏彦市長をはじめ、市や工事関係者らが出席。地域住民とともに施設の完成を盛大に祝った。


 主催者を代表して久貝初男会長は「多くの皆さんが集まり、感謝している。学校が廃校になり、さびしくなっていた。今後とも大神島をよろしくお願いしたい」と述べた。

 下地市長は「住民から集会所や宿泊施設の建設について要望があり、手始めに休憩所を整備した。宿泊施設は運営の問題が決まれば考える。今後も一つ一つ応えたい」と語った。

 市議会の平良隆議長は「素晴らしい施設が完成した。夏場には住民らの憩いの場になるのではないか。大神島の繁栄を祈念する」と話した。

 祝賀会には島内人口の約9割に当たる22人が参加した。関係者らとともに完成の喜びを分かち合い、何度も祝杯を掲げた。

 休憩場は住民からの要望を受け、昨年10月から整備が進められていた。鉄筋コンクリート平屋建てで、建設面積は66・78平方㍍、延床面積は49・88平方㍍。総事業費は約1600万円となっている。住民からは宿泊施設の建設のほか、故障している漁船の巻き上げ機の設置について要望が上がった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!