09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
政治・行政 社会・全般
2012年3月7日(水)9:00

展望台施設が完成/カママ嶺公園

防災備蓄倉庫を併設/高さ9.9㍍ 4月から一般開放


このほど完成したカママ嶺公園の展望台=6日、平良下里

このほど完成したカママ嶺公園の展望台=6日、平良下里

 大規模災害に対応する防災用備蓄倉庫を併設したカママ嶺公園の新しい展望台施設が完成した。展望台施設は4月1日から一般開放される。海抜約40㍍にある展望台施設の高さは9・9㍍。見晴らしの良い日には市街地だけでなく、伊良部島なども一望できる。備蓄倉庫には飲食料品など生活必需品を年度内にも搬入する予定。2015年度までの5カ年で計画上必要な物品全てをそろえる。宮古島市で備蓄倉庫が整備されるのは初めて。


 新しい展望台建設の事業費は1億1000万円。建物の延べ面積は451平方㍍で、構造は鉄筋コンクリート2階建て。ピラミッド形の建物で1階部分が備蓄倉庫、2階が展望施設。

 自然エネルギーを効果的に活用する太陽光発電の外灯も設置。緊急・災害時用に蓄電システムも整えた。

 備蓄倉庫は、より安全で安心できる街づくりを目指して併設させた。大規模災害時、市民が当面の衣食住に必要な飲み物や缶詰、スナック菓子、インスタントラーメンのほか、毛布やオムツなどといった生活必需品を順次搬入する。

 飲食料品は約2600人が複数回飲食できる分を用意。毛布は500枚程度を想定、その他100点以上に及ぶ生活必需品を5年で完備する計画だ。

 市総務課で防災を担当する川満秀海主幹は「(備蓄倉庫の併設によって)災害に強い街づくりが進んでいる」と強調。「今後とも市民の安全、安心を確保するための取り組みを積極的に進めていきたい」などと話し、新たな防災事業の導入にも意欲を示した。

 一方で、災害に対する市民一人一人の意識の向上を期待。「防災は市役所だけでは難しく、一人一人の防災意識が大切になる。みんなで防災に取り組めば災害時には助け合いながら行動できる」と話し、万が一の災害に備え、少なくとも3日分の飲食料品を備蓄しておくよう呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!