10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
教育・文化 社会・全般
2012年3月8日(木)9:00

皆勤賞で37人表彰/城辺小交通少年団

交通安全活動頑張る



表彰後、記念撮影する子どもたち=7日、城辺小学校

表彰後、記念撮影する子どもたち=7日、城辺小学校

 宮古島地区交通安全協会城辺学区支部(福里吉光支部長)は7日、(儀間裕芳校長)で交通少年団表彰式を行った。福里支部長が、交通安全の活動に功績のあった6、5年生計34人に皆勤賞と賞品を贈り、これから6、5年に進級する子どもたちの活躍に期待を寄せた。


 少年団は、1978年7月30日(ナナサンマル)の車が右から左へ、人が左から右に変わる道路交通変更を前に初めて結成され、今年で年。団員は、6、5年が対象。

 児童に交通ルールやマナーを身に付けさせ、交通事故から身を守るとともに、命の尊さを教え、思いやりの心を育てることなどが狙い。

 この日表彰された内訳は、2年間皆出賞が6年の下地春斗君ら15人。1年間皆勤賞が6年の下地大輝君ら7人、5年の仲里克樹君ら15人の計22人。 

 少年団長で6年の西里吏央君は「6年生の活動は今日で終わる。後輩の皆さんが長い伝統を引き継いで頑張ってください」と励ました。

 福里支部長は「交通安全の活動を称えて表彰するもの。今年は表彰者が多いので、とても素晴らしい」と高く評価した。

 儀間校長「こつこつと長く続けることは、素晴らしい。少年団員が、道路に立っている活動を見ていると、車のスピードは落ち運転手さんが笑顔で通っていた」と交通安全活動の成果を強調した。

 宮古島署福里駐在所の福原統さんは「少年団員の活動を見た運転手さんは『いつも安全運転しよう』という気持ちになったと思う」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!