04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
社会・全般
2012年3月9日(金)9:00

民泊で絆、笑顔の再会/大阪府立福井高校卒業生

1年ぶり皆川さん宅で宿泊


1年ぶりの再会を喜ぶ福井高校の卒業生たちと皆川さん(後列右から2人目)=8日、下地与那覇の皆川さん宅

1年ぶりの再会を喜ぶ福井高校の卒業生たちと皆川さん(後列右から2人目)=8日、下地与那覇の皆川さん宅

 「会いたかった」-。1年前、修学旅行で宮古島に訪れた大阪府立福井高校の卒業生4人が下地与那覇皆愛地区にある皆川加代子さん宅を訪問している。まだ高校生だった昨年は民泊でお世話になった。1年ぶりの再会に卒業生、皆川さんとも「また会えて本当にうれしい」と話し、民泊で育んだ絆を一層深めた。


 来島したのは福本彩香さん、喜田佳奈子さん、金森萌さん、川端美華子さんの4人。先月24日に福井高校を卒業した。
 4人は1年前、修学旅行が終わってすぐに「また会いたい。卒業旅行で宮古島に行こう」と決めた。それ以来、それぞれアルバイトをして旅費をためた。

 再会して「全然変わらない優しさに感動した」と話すのは福本さん。「落ち着ける場所なんです」と皆川さん宅の魅力を語る。喜田さんは「みんな日焼けしていて顔が黒い」と笑う。その上で「空港まで迎えに来てくれた家族にとても感謝している」と話した。

 金森さんは「修学旅行から1年がたったけど、みんな全然変わってないところが安心した」と笑顔。川端さんは「旅行がもうすぐ終わるのが寂しい」と少し残念そうに感想を話した。

 皆川さんは「みんな高校生のときと違ってお姉さんになった。この子たちは私にとってスペシャルな存在なんです。素晴らしい子に出会えた」と喜ぶ。皆川さんの息子の世さんは4人と同学年。「とても楽しい。今度は大阪で会いたいと思う」と話した。

 6日に来島した卒業生は海水浴やドライブ、たこ焼きパーティーなどを満喫して新しい思い出をつくった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!