01/28
2022
Fri
旧暦:12月26日 先勝 辛 
社会・全般
2012年3月24日(土)9:00

宮古みそ作りに挑戦/JA女性部

伝統の技法学ぶ


ゆでた大豆と麦こうじを混ぜる参加者たち=23日、JAの特産物加工施設

ゆでた大豆と麦こうじを混ぜる参加者たち=23日、JAの特産物加工施設

 JAおきなわ宮古地区女性部(上地洋美部長)主催の宮古みそ作り講習会が23日、JAの特産物加工施設で行われ。13人の市民が参加し、伝統の技を習得。ゆし豆腐作りも体験した。


 同講習会は、食文化の継承と部員加入促進を目的に開催している。

 上地部長ら役員や事務局が、手ほどきした。

 ゆし豆腐は、ゆでた大豆をミキサーに入れて砕き、豆乳とおからに分ける作業が第一段階。豆乳を煮込み、海水を注いで作った。

 昼食はゆし豆腐と、おから料理を囲んだ。参加者らは、出来立てのゆし豆腐は「香ばしい」と絶賛していた。

 宮古みそは、ゆでた国産大豆を麦こうじと混ぜ、ミンチすると出来上がった。麦麹を使い独特の風味を引き出すのが宮古みその特徴。参加者らは一人5㌔ずつ持ち帰った。

 平良直紀さんは、「みそを作ってみたい」と初めて参加した。「伝統の技を勉強できた。自家製も作ってみたい」と笑顔だった。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!