04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
産業・経済 社会・全般
2012年4月7日(土)9:00

八重干瀬上陸楽しみ/鶴屋百貨店外商企画

熊本からツアー客38人来島


ミスサンゴの遠藤はるかさんが花束を贈呈しツアー客を歓迎した=6日、宮古空港

ミスサンゴの遠藤はるかさんが花束を贈呈しツアー客を歓迎した=6日、宮古空港

 「神々の島宮古島ツアー」と銘打った熊本からのツアー客38人が6日、来島した。一行は2泊3日の日程で、八重干瀬への上陸やマンゴー農園の見学などを楽しむ。ミス宮古や宮古島観光協会のメンバーらが花束を贈呈し「島を存分に満喫し、良い思い出をたくさんつくってほしい」と歓迎した。


 来島したのは熊本を代表する老舗百貨店、鶴屋百貨店の顧客ら。ツアーは、宮古島産マンゴーの仕入れのため生育状態などの確認で島を訪れている同百貨店外商企画部の尾方誠也企画課課長が、「マンゴーを栽培している農家や農園を顧客に紹介したい」と企画したもので、昨年に続き2度目。今回は同百貨店創業60周年の一環としても企画された。

 宮古空港で歓迎セレモニーがあり、宮古島観光協会の池間隆守専務理事は、日ごろから宮古島の農産物を購入していることに感謝するとともに、1日に海開きを行い15日にはトライアスロン大会が開かれることを紹介。「この時期は島が熱く燃える。地元の人たちと交流を深めて宮古島をもっともっと好きになってほしい」とあいさつした。

 ミスサンゴの遠藤はるかさんがツアー客の吉住綾子さんに花束を贈呈し、歓迎の気持ちを表した。

 吉住さんは今回で3度目の来島。八重干瀬への上陸は初めてで「広いサンゴ礁が見られると聞いているが想像がつかない。当日が楽しみ」と笑顔だった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!