04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2012年5月4日(金)9:00

「手作り市」にどっと/七原コミュニティーセンター

公民館に17ブース参加


手作りの品を持ち寄り、各ブースでは売り手と買い手の会話が弾んだ=3日、七原コミュニティーセンター

手作りの品を持ち寄り、各ブースでは売り手と買い手の会話が弾んだ=3日、七原コミュニティーセンター

 「HAPPY 手作り市」(リトルボヌール主催)が3日、平良の七原コミュニティーセンターで行われ、親子連れや若者たちでにぎわった。


 公民館の地域活用とハンドメードを楽しむ人たちの発表の場を提供しようと昨年からスタートした。

 今年は17ブースが参加、手作りの雑貨をはじめ、マッサージやネイル体験などもあり、参加者はさまざまな形で楽しんでいた。

 参加した本村亜矢子さんは「インターネットでこの市のことを知った。既製品にない温かさがとても良い。私も手帳カバーやのれんなどを作るが、参考になる」と話し、一つ一つの商品を手に取ってじっくりと眺めていた。

 中には、被災地への募金活動もあり、『じしんからかぞくを守る本』のイラスト・レイアウトに関わった山田光さんは、岩手県大船渡の被災者が作ったゾウの壁掛けタオル「まけないぞう」などを販売した。山田さんは「日がたつにつれ被災地のことが忘れ去られようとしている。これからもみんなで支え合うことが必要」と話した。

 主催者の与那覇則子さんは生地などを使ったハンドメードの指導者として長年多くの生徒たちを育ててきた。「作ってもこれまでは発表の場がなかった。一人ではできないことが、こうして集まることで楽しいワンデーストアができる。これからも仲間を増やしていきたい」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!