04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
社会・全般
2012年5月7日(月)9:00

GW最終日を満喫/海辺でBBQ、潮干狩り

家族と絆、仲間と交流


バーベキューで絆を深めた家族ら=6日、パイナガマビーチ

バーベキューで絆を深めた家族ら=6日、パイナガマビーチ

 ゴールデンウイーク(GW)最終日の6日、宮古島地方は好天に恵まれ、島内の各行楽地は大勢の家族連れや観光客でにぎわった。この日は旧暦15、16日の大潮が重なり、海辺はバーベキュー(BBQ)を楽しむグループに加え、海岸に現れたリーフなどで潮干狩りを楽しむ人たちの姿がみられた。また、宮古青少年の家では体験キャンプなどの催しが開かれ、各地はGWの楽しい催しが繰り広げられていた。



バーベキュー


 大型連休最終日の6日、平良のパイナガマビーチでは家族や仲間たちと一緒にバーベキューを楽しむ光景が見られた。青空が広がり、周囲には焼き肉の香ばしさがただよう中で絆や交流を深めた。


 このうち、宮古島商工会議所青年部は家族連れら約50人が参加。肉類のほかマグロ、宮古そばなどのバーベキュー用の食材をたっぷりと準備し、男性たちが手際よく焼き上げて振る舞った。


 参加者は「バーベキューを通しての交流は楽しい。あすからの仕事も頑張りたい」と笑顔だった。


シーカヤック


 宮古青少年の家(安慶田昌宏所長)主催のファミリーキャンプが5、6の両日、同少年の家と高野漁港で行われた。家族13組、総勢53人が参加。メーンプログラムの一つ、シーカヤック体験では親子が息の合ったかいさばきで歓声を上げた。


 キャンプという共通の生活体験をする中で、家族で触れ合い、他家族との交流を通して学び合う機会を提供することなどが目的。


 初日の開講式で、安慶田所長は「いろいろなプログラムの体験を通して家族の絆を深めてください。すてきな体験にしてほしい」と激励した。


 代表して伊良部から家族5人で参加した伊良皆紀寿さん(32)が「楽しい思い出になるよう家族で過ごしたい」と宣誓した。


 この後、野外テントを設営。プラ板クラフト、親子ドッジボールで交流を深めた。野外炊飯では手作り料理に舌鼓を打った。夜間ハイク後、テントの中で一夜を過ごした。


 好天に恵まれた6日は平良の高野漁港に移動。体操で体をほぐした後、ライフジャケットを着てシーカヤックに乗り込んだ。親子で快走し、シーカヤックの醍醐味を満喫した。


 水上バイク試乗、スイカ割り大会も行われ、親子の笑顔と歓声が広がった。


 閉講式で伊良皆さんは「親子で楽しく触れ合い、とても楽しかった。家族の貴重な思い出になった」と感想を話した。


潮干狩り


 ゴールデンウイーク(GW)最終日の6日、大潮の干潮でリーフが海上に顔を出した。この日は最高気温が27・3度で風も弱く、絶好の潮干狩り日和となった。観光客や家族連れが潮干狩りを楽しんだ。


 池間島の西、イラビジには正午ごろから、家族連れや地元の人たちが続々と集まり、リーフの上をゆっくりと歩き、潮だまりやサンゴの下をのぞきながら、魚介類を探した。


 鮮やかな青色の小魚を見つけ子どもたちは「きれい」と歓声を挙げていた。


 家族や仲間と潮干狩りに来ていた大浦優太郎さん(27)=平良西里=は「普段は余り来ないが、仲間につられてついて来た。7日からは仕事なので、きょうはゆっくり楽しみたい」とバーベキューの準備をしながらGW最終日を友人や家族と楽しんでいた。


 池間島に住む安慶田浩二さん(76)は「海には毎日来る。潮が良ければ夜でも来るよ」と足早にリーフに向かって行った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!