05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
社会・全般
2012年6月17日(日)9:00

親子でシーサー作り

ふたば保「ふれあい広場」


シーサー作りに挑戦する親子=16日、平良西里・みやこ焼き

シーサー作りに挑戦する親子=16日、平良西里・みやこ焼き

 ふたば保育園(長田克子園長)は16日、「親子ふれあい広場」を開催し、物作りを通して親子の絆を深めた。


 このうち、4歳児とその保護者17組は、平良西里にある「みやこ焼き」でシーサー作りに挑戦。窯元の佐渡山正光さんの指導を受けながら、愛嬌たっぷりで個性豊かなシーサーを作り上げた。

 次男の咲真君(5)と一緒に参加した父親の立津一茂さん(33)は、以前に長男と参加したことがあると言い「完成すればシーサーが二つになる。オリジナルな作品に仕上げて玄関に飾りたい」と完成が待ち遠しそうだった。

 終了後は、全員でカレーライスを食べながら親子や仲間たちと会話を弾ませた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!