04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
社会・全般
2012年6月28日(木)9:00

「人を支えること大事」

闘病体験談語る/砂川春美さん
空き缶を換金、Tシャツも寄贈


砂川春美さん(前列左から4人目)と記念撮影する福嶺中の生徒たち=27日、福嶺中

砂川春美さん(前列左から4人目)と記念撮影する福嶺中の生徒たち=27日、福嶺中

 「出会いをかけがえのない宝物として」と題した教育講演会が27日、福嶺中学校(宮国敏弘校長)で開かれた。講師の砂川春美さん(61)が、病気と闘いながらさまざまなボランティアや地域活動を展開してきた体験談を披露。「日常の何気ないことから生きる幸せを見つけて。人を支える大切さを学んで」と呼び掛けた。砂川さんは自宅で1年間集めたペットボトルや空き缶、古雑誌、トレー、段ボールなどを回収して換金、ドラムの部活に励む生徒たちにTシャツをプレゼントし喜ばれた。


 砂川さんは城辺保良在住。同校の学校評議員、市母子保健推進員連絡協議会長、市文化協会副会長など務める。

 乳がんや膠原病など生命を脅かす病気を発病するなど長い間の闘病生活も続けた。

 闘病中に夫を病気で亡くし精神的に落ち込んだこともあった。

 砂川さんは現在も病院に通っているが、「病気だからといって床に就いておれない」とさまざまな団体の役員やボランティア活動を行っている。

 講演ではそういった辛い回想のほか、ボランティア活動でのさまざまな人たちとの出会いを紹介。「自分にできることは何かをいつも探していた。コツコツとやることで充実感が体を満たす」と話した。

 「伝統の保良クイチャーを復活させよう」。砂川さんが一念発起し地域の大先輩たちから唄と踊りの指導を受けた。民謡好きな人たちに声を掛けて保存会を立ち上げた。

 保良のクイチャーを数十年ぶりに復活させ「クイチャーフェス」に初めて参加したことを紹介し「病気を乗り切ったと自己満足している」と語った。

 道路に空き缶やペットボトルがあるとすぐに車を止めて拾う。今では、その行動を知る地域の人たちや知人らが空き缶などを持ち寄ってくるという。

 集まると換金、昨年は福嶺小ミニバスケット部にボール入れかごを寄贈した。

 「母校や後輩のためにはこれしかできないという気持ち。一人ではできない。みんなの力に支えられたからこそ」と話した。

 県中学校総合文化祭に出場した同中のドラム部には、そろいのTシャツをプレゼント。これは砂川さんが1年間に集めたペットボトルなどを換金したものだ。

 ドラム部長の砂川優莉奈さん(3年)は「自分にできることは何でもやっていきたい。頂いたTシャツは大事にします」とお礼の言葉を述べた。ドラムパフォーマンスも披露し、感謝と喜びを表した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!