04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
教育・文化 社会・全般
2012年8月8日(水)9:00

室蘭市訪問を市長に報告/狩俣小6年生

「交流の絆さらに深めたい」


訪問の報告後、下地市長(右5人目)と記念写真に収まる児童ら。(前列左2人目から)平良君、来間さん、比嘉さんと根間さん=7日、市平良庁舎

訪問の報告後、下地市長(右5人目)と記念写真に収まる児童ら。(前列左2人目から)平良君、来間さん、比嘉さんと根間さん=7日、市平良庁舎

 狩俣小学校6年生4人らが7日、市平良庁舎で下地敏彦市長に室蘭市開港140年&市制施行90年記念式典などに参加した報告をした。児童たちは「これを機会に交流と絆をさらに深めていきたい」などと、室蘭市訪問後の感想を述べた。室蘭市を訪問した児童は平良崚温君、来間夏希さん、根間陽佳さん、比嘉京香さんの4人。


 児童と引率の棚原美由紀教諭らの一行8人は7月26日に宮古島を出発し、室蘭市で青木剛市長らを表敬訪問し、末永い交流を誓い合った。

 児童らは「宮古島にはない、川や大きな湖を見た。山にも登って楽しい体験をした」「水族館で魚を見たら色がとても暗かった。向こうの人は(鮮やかな)青色の魚は食べられない。住む地域による違いを学んだ」などと、訪問で新たに気付いたことを報告した。

 一行は「むろらん港まつり」でパレードにも参加した。

 児童らは今回の訪問は「税金を使って室蘭に行かせてもらったので、大人になったら、地域の役に立てるようになりたい」「宮古島も世界と繋がっていけるような交流をやっていきたい」などとそれぞれが抱負を述べた。

 下地市長は「これからも一生懸命勉強して、次も行くことができるように頑張ってほしい」と励ました。

 宮古島市と室蘭市は1998年に交流都市を締結している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!