05/29
2024
Wed
旧暦:4月22日 先勝 癸 
社会・全般
2012年9月23日(日)9:00

170羽の飛去を確認/下地入江

越冬地向け南下/アカハラダカ市民観察会


アカハラダカが南下する姿を観察する市民ら=22日、下地入江橋

アカハラダカが南下する姿を観察する市民ら=22日、下地入江橋

 アカハラダカ市民観察会(主催・宮古野鳥の会)が22日、下地入江橋で行われ、親子連れら約30人がアカハラダカ(タカ科)が宮古島を飛び立ち南下する群れを観察した。この日は177羽が観察された。


 アカハラダカを見るのは初めてという60代の女性は「1羽朝日を浴びてキラキラと飛んでいる姿を肉眼で観察できた。その後、群れで飛び去るのを望遠鏡で見たがとても感動した」と話した。

 同会の仲地邦博会長がアカハラダカは朝鮮半島などで繁殖し、越冬のため東南アジアに向けて南下する途中、宮古島を中継地点としていることやアカハラダカの渡りの経路などを説明した。

 10日に飛去数調査を開始してから22日までの合計飛去数は431羽。調査は23日に終了する。2011年の調査期間中に、宮古島から越冬のため南下したアカハラダカの数は約1500羽だった。

 これまでにアカハラダカが宮古島に飛来する姿の観察記録はほとんどなく、飛来する時刻などに関しては分かっていないことが多い。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!