04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
社会・全般
2012年10月1日(月)9:00

「アットホームこころ」落成

全個室の有料老人ホーム


下地社長(左)らによるテープカット=30日、平良山中のアットホームこころ

下地社長(左)らによるテープカット=30日、平良山中のアットホームこころ

 福祉事業会社「和」(下地弘晃社長)が運営する有料老人ホーム「アットホームこころ」の落成式典と祝賀会が30日、大勢の関係者を招いて開催された。部屋数は38室。快適に過ごせるよう全部屋を個室にした。敷地面積6600平方㍍、延床面積が2000平方㍍と広い。食堂や浴室、デッキなどはスペースをゆったりと取った。きょう1日にはデイサービスも開始する。全室にナースコールを設置し介護職員の24時間対応や巡回、緊急対応を万全にした。


 式典で下地社長は「地域に密着した明るいホームとして入所者の尊厳を尊重し、アットホーム的な心で親切なサービスを提供することで、心身ともに充実した生活が送れるよう、施設運営に努力する」と式辞を述べた。

 下地敏彦市長は「家族形態の変化に伴い一人暮らしの高齢者や高齢者のみ世帯が年々増え、在宅サービスを利用しても、家族が介護を支え切れない現実が多く出てきている」と介護の問題点を指摘。高齢者が安心・安全な生活を継続するためには入居施設の充実が必要とし「アットホームこころ」にその一端を担うよう期待を込めた。

 祝賀会は与那覇勝枝さんによる「かぎやで風」で幕を開けた。

 共和産業の下地義治社長と日進電気土木の川満建助社長が乾杯の音頭。宮古高校吹奏楽部が、力強い演奏で盛り上げた。有志らが日舞やフォークダンス、三線演奏などを披露。最後は全員で漲水のクイチャーを踊り締めくくった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!