06/22
2024
Sat
旧暦:5月16日 友引 丙 夏至
社会・全般
2012年10月2日(火)9:00

當間桂子さん最優秀/交通安全意見発表

高齢者が安全運転訴え


意見発表を行った弁士の皆さん(前列右から3人目が最優秀賞の當間さん)。後列は審査委員の皆さん=1日、平良老人福祉センター

意見発表を行った弁士の皆さん(前列右から3人目が最優秀賞の當間さん)。後列は審査委員の皆さん=1日、平良老人福祉センター

 第4回交通安全意見発表大会(主催・市老人クラブ連合会、宮古島署、宮古島地区交通安全協会)が1日、平良老人福祉センターで開かれた。6人の高齢者が登壇し、交通安全に対する意識の向上を促すとともに、高齢者の交通事故防止を自身の体験などから訴えた。審査の結果、最優秀賞には「私の考える安全運転」と題し発表した當間桂子さん(平良)が選ばれた。


 発表で當間さんは、親戚が交通事故を起こし多額の賠償金と通院を余儀なくされたことで、安全運転と交通ルールの大切さを痛感した。

 その上で當間さんは、高齢者の交通安全の意識を高めるには周囲の人たちが絶えず話し掛けながら自覚させ、温かく支えていくことが最良な方法だと訴え。自身も簡単な計算や音読、間違い探しなどの「脳トレ」を実践し、危険を察知する脳の働きを高めていることを紹介した。

 當間さんは安全運転をするためには、時間と心に余裕を持つことが大切だと強調し「これからも自分の行動に責任を持ち、事故のない美ぎ島ミャーク(宮古)づくりに頑張っていきたい」と決意を示した。

 當間さんは表彰式後「交通安全意識の高揚や事故防止を図るには高齢者自身の自覚も大事だが、地域の人や家族など周囲の支えも必要ということを訴えたかった」と話した。

 審査委員長の砂川京子さんは「6人の発表を通して、自分の生活の中で、どのようにして交通安全思想を心掛けているのかが伝わってきた」と講評した。

 最後は、交通安全支部の代表らが「飲酒運転根絶宣言」を行い気持ちを一つにした。

 優秀賞は次の皆さん。
 大村徳家(マンカバリサロン)▽平良ヨシ子(西原みどり会)▽川満廣俊(下地支部)▽下地ヨシ子(平良支部結の会)▽下里榮作(友利老人クラブ)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!