05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2012年10月4日(木)9:00

歌や踊りで島を元気に/実行委

初の池間島大演芸会盛況


大演芸会の幕開けを飾った池間老人クラブの「とうがにーあやぐ」=2日、池間島離島振興総合センター

大演芸会の幕開けを飾った池間老人クラブの「とうがにーあやぐ」=2日、池間島離島振興総合センター

 第1回池間島大演芸会(主催・同実行委員会)が2日、池間島離島振興総合センターで開かれた。島に住む子どもからお年寄りまでが出演し、趣向を凝らした芸能の数々を披露。大勢の来場者も一緒に歌ったり踊ったりしてにぎわった。


 プログラムは全16。池間老人クラブが「とうがにーあやぐ」で幕開けを飾ると、池間中の生徒11人はリズムダンス

会場には大勢の人たちが詰め掛け演芸会を楽しんだ=2日、池間島離島振興総合センター

会場には大勢の人たちが詰め掛け演芸会を楽しんだ=2日、池間島離島振興総合センター

で躍動、池間小の児童23人は校歌遊技を披露して島民の団結を訴えた。

 小中PTAや在宮古池間郷友会、漁協女性部、学区体育協会のメンバーらが次々と舞台に上がり、プロ顔負けのステージを繰り広げた。

 主催者を代表して副実行委員長の糸満和夫さんは「自治会を中心に各団体が島を元気にしようという意気込みで開催した。これからも恒例行事として2回、3回と続けていきたい」とあいさつした。

 この日はミャークヅツ最終日で、祭りに参加した人たちも会場に駆け付けて盛り上げた。

 同演芸会は、演芸により島全体を元気にし活性化につなげることが目的。実行委は、池間自治会、池間漁業協同組合、池間老人クラブ、池間幼・小中学校PTA、在平良と在沖の池間郷友会などで構成し島を挙げて取り組んだ。来年、再来年と恒例にする計画だ。

 当初は9月28日に開催予定だったが、台風17号の影響で延期されていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!