08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2012年10月9日(火)9:00

多彩な踊り一堂に/城辺婦人の演芸会

地区内外から15団体共演


各学区の婦人会らが踊りを披露する演芸会=7日、城辺公民館

各学区の婦人会らが踊りを披露する演芸会=7日、城辺公民館

 宮古島市(地区)婦人連合会主催の第3回城辺地域婦人の演芸会が7日、城辺公民館で開かれた。城辺地区の各学区を中心に市内各地から婦人会のメンバーらが出演し、多彩な踊りを披露した。会場には多くの観客が訪れ、参加者たちが見せる舞に大きな拍手を送った。



 今回の芸能祭には、砂川、下北、友利の婦人会や福嶺、砂川、城辺各学区などのほか、上野、伊良部、東、下地の各学区と三つの舞踊教室から合計15団体が出演した。


 砂川学区のメンバーたちは全琉芸能大会参加演目となっている「与那武岳金兄小」を踊ったほか、友利婦人クラブは「ミルク口説」、砂川婦人会は「波止場のシャンソン&峰子のマドロスさん」、福嶺学区は「CHA-CHA-CHA」、城辺学区は「加茂川ブルース」、下北婦人会は「台風銀座」、友利婦人会は「なますのぐう」と各団体がさまざまな踊りを演じた。


 会のスタートは市(地区)婦人連合会の役員による「とうがにアヤグ」で幕開けしたほか、第46回婦人の主張中央大会で県知事賞を受賞した福嶺学区の下地ヒロ子さんが受賞作「夢をあきらめずに七転八起」を発表。最後は、うるかクイチャー愛好会による「うるかぬクイチャー」で締めくくった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!