04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
社会・全般
2012年10月16日(火)9:00

創立50周年盛大に祝う/西原みどり会

創立50周年記念して祝賀会が盛大に催された=14日、西原地区公民館

創立50周年記念して祝賀会が盛大に催された=14日、西原地区公民館

 西原みどり会(仲間忠会長)の創立50周年を祝う記念式典が14日、同地区公民館で約400人余りを集め盛大に催された。同会は1962年に発足し、高齢者を中心にさまざまな地域活動を展開している。式典には下地敏彦市長、上里寛昌宮古地区老人クラブ連合会長、前泊達夫地区老人クラブ平良支部長、根間恵勇在沖西辺郷友会長ら多くの来賓が駆け付け、祝辞を述べるとともに、同会のこれまでの活動をたたえた。


 同会は62年に地区に住む65歳以上96人の高齢者が結束し会を発足させた。結成以来、地域の老人クラブ活動はもとより、美化活動などの地域で行われるさまざまな行事に関わり同会を活性化させ、宮古地区を代表する優良任意団体として、これまでに数多くの団体表彰を受けるなどの実績を持っている。

 式典であいさつした仲間会長は「西原の単位クラブとして発足したみどり会は、先輩や関係各位の努力で発展を続け現在、410人の会員を有するまでに成長した。目まぐるしく変化する現代社会の中にあって、若々しく社会貢献する高齢者であることを目標にさらに発展していくことを目指していこう」と呼び掛けた。

 来賓あいさつした下地市長は「創立50周年を心からお祝い申し上げる。歴代の会員各位が行ってきた地域活動に敬意を表したい。地域の環境美化活動に積極的に取り組むなど、皆さんの情熱が地域をより良いものにした。市も積極的にバックアップするので、今後ともご協力をお願いしたい」と述べた。また、式典では同会に貢献した24人に対し感謝状が贈呈された。

 式典後、舞台では会員による余興などが繰り広げられる中、祝賀会が盛大に行われた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!